各種診療

内科

慢性腎臓病

どんな病気?

数ヶ月から数年にかけて進行性に腎機能が低下する疾患です。腎臓は一度障害を受けると元には戻らず、加齢に伴って腎機能は低下するため、高齢になる程慢性腎臓病のリスクが高まります。先天性腎疾患、慢性腎炎、感染症、結石、腫瘍や腎臓以外の泌尿器科の病気(尿管結石、膀胱腫瘍等)等が原因となります。

どんな症状?

初期は無症状ですが、多飲多尿、脱水が認められるようになり、体重減少、元気食欲低下が顕著になります。
次第に嘔吐、下痢、痙攣等の尿毒症の症状が現れ、貧血や目が見えなくなる事もあります。

治療法は?

定期的な皮下点滴、内服薬及び腎臓病用療法食を継続し、定期的に血液検査を行います。重度な場合は入院が必要になる事もあります。

予防は?

失われた腎機能の回復は出来ませんが、早期発見し適切な治療を行えば生存期間を伸ばすことができます。無症状でも7歳以上になったら定期検診を積極的に受けましょう。

猫伝染性腹膜炎

どんな病気?

猫伝染性腹膜炎(FIP)ウイルスに対する免疫の過剰反応によって起こる病気です。ご自宅にお迎えしたばかりの若い猫ちゃんや、たくさんの猫ちゃんを飼育している環境、あるいは感染・外傷などの大きなストレスにさらされた後などに見受けられることが多く、また、高齢猫ちゃんでの発症もまれに認められます。

どんな症状?

ご自宅では元気食欲がない、熱っぽいなどの症状が認められ、院内の検査では胸・腹水の貯留、眼や腎臓の障害、重度の炎症などが明らかになることがあります。

治療法は?

有効な治療方法はこれまでありませんでした。しかし、現在では高額ではありますが抗ウイルス薬による治療で高い効果が認められています。

予防は?

特定の予防方法はありませんが、大きなストレスを避けた生活を送ることが大切です。それぞれの猫ちゃんに対して十分なテリトリー・トイレを設けましょう。一般に広く存在する弱毒猫コロナウイルス(※)が猫の体内でFIPウイルスに変異し、発症すると考えられています。従来からは感染猫からの直接の感染・発症はしないと考えられていますが、同一環境での複数頭発症も見受けられるため、感染猫ちゃんがいるお宅では念のために感染に注意して対策するに越したことはありません。

※ヒトのコロナウイルスとは別のものです。

糖尿病

どんな病気?

膵臓から分泌されるインスリンの量が低下したり、作用が弱まったりすることで高血糖状態となり、様々な症状や合併症を引き起こします。重症化するとケトアシドーシスという状態になり死に至る場合もあります。

どんな症状?

初期には多飲多尿、多食、体重減少が認められます。犬では白内障、猫では後肢の末梢神経障害(かかとを地面につけて歩く)が認められることもあります。ケトアシドーシスになると、元気食欲低下、嘔吐、下痢、昏睡などが起こります。

治療法は?

インスリンの投与と食事療法を行います。ケトアシドーシスの場合は入院下での集中治療が必要になります。

予防は?

飲水量、尿量及び体重のチェックをこまめに行い、飲水量や尿量が増えてきたり、食べているのに痩せてきた場合は早めにご相談ください。また適切な食事管理と適度な運動を心がけ肥満にならないように気をつけてましょう。わんちゃんの場合は避妊手術をすることで糖尿病のリスクを下げることができます。

眼科

白内障

どんな病気?

目の水晶体が白く濁り視力が低下する病気です。犬に多く遺伝、糖尿病、加齢などが原因となります。猫での発症は犬に比べて稀です。遺伝性の場合は若年(6歳未満)でも発症します。

どんな症状?

目の濁り(目が白く見える)と視力の低下が起こります。白内障が進行するとぶどう膜炎を起こし痛みを伴なうことがあります。

治療法は?

初期の段階では点眼薬で進行を抑える治療を行います。進行した場合は手術や抗炎症薬の点眼治療を行います。

予防は?

早期に発見できれば、手術で視力を回復出来る可能性が高くなります。わんちゃんの目を日頃からよく観察してあげましょう。また白内障と同様に目が白くなりますが、視覚には影響せず治療の必要がない核硬化症という病気もあります。目が白いと思ったら早めにご来院ください。

外科

肛門周りのしこりや腫れ
(肛門周囲腺腫/腺癌、肛門嚢アポクリン腺癌、肛門嚢炎/破裂、会陰ヘルニアなど)

どんな病気?

肛門周りや肛門から奥に入った位置にしこりができたり、肛門の脇が膨らんだり、腫れて出血することがあります。症状は病気によって異なりますが、お尻周りに異常を発見したら動物病院を受診して何が起こっているのかを調べる必要があります。

どんな症状?

ご自宅で肛門周りを見た時に、イボのようなものやぼんやりとした膨らみを発見することがあります。病気によっては痛みや出血を伴ったり、全身症状を示すこともあります。また逆に、痛みなどの症状は示さず、トリミングサロンや動物病院で初めて発見されることも多くあります。

治療法は?

まずは何が起こっているのかを、身体/直腸検査や細針細胞診などで把握します。タイトルにあげた病気以外の病気のこともあるので、慎重に判断します。病気によっては、全身の検査(血液/超音波/レントゲン検査など)が必要です。その後、その場での処置や内服薬の処方、あるいは全身麻酔下での手術など必要なの治療についてご説明します。

予防は?

早期発見が大切です。ご自宅で異常を発見したら速やかに動物病院を受診しましょう。すぐに受診できない時にはまずは電話で相談することも大切です。また、去勢手術をしておくことで発生を減らせる病気もあります。

消化器科/内視鏡科

誤飲・誤食

どんな事故?

消化できないものや中毒を起こすものを間違えて食べてしまうことで起こります。

どんな症状?

誤食したものによってさまざまですが、食べた直後には無症状で、時間がたってから症状(嘔吐、消化管閉塞、中毒)を起こすことが多いです。

治療法は?

症状に繋がる可能性のあるものは、可能ならば吐いてしまうのが一番安全です。吐き気を催すお薬を投与することで催吐を行います。それでも目的のものが出てこない場合には、状況によって一旦様子を見る、あるいは全身麻酔下で の内視鏡処置や開腹術に進むなどの判断を行います。

予防は?

おいしい食べ物の匂いのついたビニール袋や使い終わったマスクなどは、わんちゃんねこちゃんの届かないところに 処分しましょう。観葉植物やいただきものの花束などにも注意が必要です。脱いだ後の靴下、プレゼントのリボンからほつれてきた細長い繊維、床に敷いたウレタンマットの端、テーブルの上に置きっぱなしの小袋入りのチョコなど、おうちの子が何に興味を引かれそうか、日頃から注意して観察しましょう。

泌尿器科

猫の尿道閉塞

どんな病気?

炎症産物や結石か尿道に詰まることて、尿か出にくくなったり出なくなってしまう状態を尿道閉塞といいます。雄猫は雌猫より尿道が細いためより詰まりやすいと言われています。全く尿が出ないと急性腎不全となり、1~2日で死に至ることもあります。

どんな症状?

排尿にかかる時間が長い、頻繁にトイレに行く、少量しか尿が出ない、排尿時に痛みで鳴く、尿が赤い、元気食欲がない、嘔吐や下痢をする、など。

治療法は?

尿道にカテーテルを入れ詰まりを取り、貯まった尿を取り除きます。急性腎不全を併発している場合は、入院下で点滴を行い腎臓を保護します。閉塞が解除できない場合や再発を繰り返す場合には尿道を短くする手術を行うこともあります。

予防は?

尿の回数や色に異常がないかよく観察し、初期症状の段階に気がついて速やかに病院に連れて行くことが重要です。特に、水量が減る秋冬は尿道閉塞の発生が多くなりますので注意しましょう。飲水量を増やすために、フードに水を加えたり、ウエットフードをとりいれたり、水飲み場を増やすなどの工夫をしてみましょう。また、トイレを我慢させないように、トイレを 猫ちゃんの頭数+1個 設置し、常に清潔に保つことも重要です。

循環器科

僧帽弁閉鎖不全症

どんな病気?

心臓内の弁が十分に閉まらなくなり、血液の逆流が起こります。全身に血液を送る心臓の機能が低下するため疲れやすくなったり、また逆流によって咳や肺水腫を起こすことがあります。

どんな症状?

徐々に進行している場合には、寝ている時間が多くなる、散歩に行ってもすぐに帰りたがる、咳がでるなどの症状が認められることがあります。また、急な悪化を起こした場合には、元気食欲がない、横になって眠れない、呼吸が荒いなどの症状が起こり、速やかな受診が推奨されます。重度の場合には、ご自宅で一緒に生活していても心臓の雑音に気づく場合もあります。

治療法は?

急激な肺水腫の場合には、酸素室での管理、利尿、血管拡張、強心などの集中治療を行います。安定状態の場合には、強心剤を始めとする内服薬での管理を行います。

予防は?

ご自宅での症状が認められる場合には一度当院までご相談ください。また、診察時に心雑音が聴取された場合には、心臓の検査をおすすめしております。急で重度の症状を予防するために、定期的に検査を行い、必要に応じた投薬内容への随時変更を行っております。ご自宅では、安静時の呼吸数の測定をおすすめしております。呼吸数を図るコツについては、当院スタッフまでお声掛けください。

皮膚科/耳科

皮膚のかゆみ

どんな病気?

さまざまな原因によって体の痒みを生じます。わんちゃんねこちゃんともにアレルギーの要因が関係することが多くみられます。寄生虫や元々の体質の問題、季節などの環境要因が大きい場合もあります。皮膚バリアか゛損なわれることによって、二次的な感染を生し゛て悪化することか゛あります。

どんな症状?

体をかゆがって、舐めたり描きこわしたりします。

治療法は?

二次的な感染によって悪化している場合には、必要に応じた検査を行い、まずは感染や炎症をおさめます。アレルギーの要因がある場合には、長期的に痒みのコントロールを行う場合も多くあります。治療は内服薬の投与が主となりますが、そのほかには、注射薬、外用薬、シャンプー、サプリメントの投与、あるいは食事の変更なと゛を必要に応じて行います。

予防は?

アレルギ―性の皮膚炎であれば、長期にわたって症状をコントロールする必要があります。初めて受診する場合には、まずはアレルギー以外の原因による痒みの可能性をしっかり評価して解消しましょう。飼い主さまによる症状の観察が非常に重要となりますのて゛、獣医療スタッフと十分な連携をとって悪化を防ぎましょう。

ねずみとり粘着シートによるトラブル

どんな病気?

ねずみ取り用の粘着シートが、ねこちゃんにくっついてしまうことがあります。

どんな症状?

体のあちこちにベタベタした粘着液がくっついて、ねこちゃんも家の中も大変なことになります。

治療法は?

ハサミなどで粘着液と毛を切り取ろうとすると怪我をさせてしまうことがあります。大量にくっついた場合には、動物病院で取るのが一番です。おとなしいねこちゃんであれば、毛を刈らずにきれいに洗浄・除去することができます。洗浄・除去が難しい場合には、毛を刈ることもあります。

予防は?

ねずみ取り用品は、粘着シートだけでなく、殺鼠剤にも注意が必要です。設置する場合には、なるべくねこちゃんが触れられないような場所を選びましょう。ただし、ネズミの気配に気をひかれたねこちゃんは、普段なら到底入れないようなスペースにも入ってしまいます。トラブルが発生したらできるだけ速やかに動物病院を受診しましょう。

外耳炎

どんな病気?

耳のひだから鼓膜までの耳道で、炎症や感染が起こります。

どんな症状?

耳を触ったり、足で掻く、床に擦り付けるなどの症状が見られることがあります。また、普段よりも耳が匂ったり、ご家族が耳を触ろうとすると嫌がることもあります。

治療法は?

耳道を洗浄処置したり、点耳薬や内服薬で炎症・感染を治めます。一回の処置で改善するような軽度のものから、頻回の処置や投薬が必要な中~重度のものまで様々です。外耳炎の治療と並行して、外耳炎を起こしやすい素因(アレルギー・ホルモン疾患など)に対しても必要に応じて診療を行います。重度のものでは中・内耳炎の可能性もあるため、慎重に治療する必要があります。

予防は?

症状がある場合には、お気軽にご相談ください。また、ワクチン接種など耳の診察以外で受診された際にも健康チェックの一環としてお耳を拝見することがあります。健康な耳に対するご自宅での耳そうじは基本的には不要です。もしそうじしたくなるような様子の耳であれば、一度獣医師までご相談ください。耳道に生えている毛については、抜く場合もあれば抜かない場合もあります。お耳の様子を 拝見して、ご家族とご相談の上で判断します。外耳炎は重症化しないよううまくコントロールすることが大切です。軽症のうちに治療管理しましょう。

歯科

歯周病

どんな病気?

歯の表面に付着した歯垢中の細菌が原因となり、歯を支持する歯周組織が炎症をおこす病気です。2歳以上のわんちゃん・ねこちゃんの8割は罹患しており、特に中高齢で多く認められます。

どんな症状?

口臭、歯垢の付着、歯肉の腫れや出血、硬いものが食べられない、歯がグラグラする、くしゃみ、鼻水、鼻出血などが認められます。重度になると頬に穴が空いてしまったり、顎の骨が溶けてしまったり、さらに進行すると心臓病や肺炎、腎臓病の原因となる事もあります。

治療法は?

全身麻酔下で歯垢・歯石(歯垢が硬くなったもの)を除去します。歯がグラグラする場合は抜歯します。

予防は?

歯磨きが最も効果的です。小さい頃から口を触る事に慣れさせ、1日1回歯磨きできれば理想的です。歯磨きが出来ない、方法が分からない等、お困りのことがあればお気軽にご相談ください。

内分泌科

猫の甲状腺機能亢進症

どんな病気?

甲状腺の過形成や腫瘍により甲状腺ホルモンが過剰に分泌される疾患です。高齢の猫に発症します。

どんな症状?

体重減少、嘔吐、下痢、多飲多尿、食欲不振、多食などが認められます。

治療法は?

薬により甲状腺ホルモンの合成を抑えます。薬が苦手な猫ちゃんでは甲状腺ホルモンの合成に必要なヨウ素を抑えた療法食を用いた治療法もあります。薬でのコントロールが難しい場合は手術で甲状腺を切除することもあります。

予防は?

7歳以上になったら定期的に健康診断を行いましょう。特に高齢な猫ちゃんで食べてるのに痩せてきた場合は要注意です。

子宮蓄膿症

どんな病気?

子宮に感染が起こり、膿がたまる病気です。避妊手術をしていないわんちゃんねこちゃんで、黄体ホルモンが関連して起こる病気です。

どんな症状?

元気食欲の低下、発熱、お水をよく飲む、尿が多い、外陰部からの排液などが認められます。

治療法は?

全身麻酔下での手術で、卵巣と子宮を取り除く手術を行うと同時に、抗菌薬の投与や体を支える点滴治療などを行います。手術ができない状況のときには、黄体ホルモンの作用を抑える注射を複数回行う治療も選択肢となりますが、再発の可能性が高い点に注意が必要です。

予防は?

この病気は、避妊手術を行うことで予防できます。予防的な避妊手術を行いたくないという方も、「子宮蓄膿症になってしまったら手術する」ということをあらかじめご家族で話し合っておき、速やかな治療につなげることも重要です。

腫瘍科

乳腺腫瘍

どんな病気?

乳腺に発生する腫瘍です。中高齢の避妊をしていない雌に多く発生し、犬では悪性腫瘍の可能性は50%ですが、猫では90%と非常に高いです。

どんな症状?

乳首の周囲に一つまたは複数のしこりが認められます。腫瘍が大きくなると潰瘍や炎症が起こります。肺に転移した場合、咳や呼吸困難が認められます。

治療法は?

転移が認められない場合は手術により切除します。転移が認められる場合は化学療法や疼痛管理などの緩和治療を行います。

予防は?

早期(犬:生後6ヶ月~初回発情前、猫:生後6ヶ月頃)に避妊手術を行うことで乳腺腫瘍の発生率を大きく軽減できます。
また、悪性腫瘍であっても小さいうちに完全摘出できれば完治が期待できます。避妊してない場合は、普段からお腹をよく触って胸にしこりがないか確認しましょう。

血管肉腫

どんな病気?

中高齢のわんちゃんで、脾臓や肝臓、心臓内に出血しやすい腫瘤ができる病気です。そのほか、体の表面に発生することもあります。

どんな症状?

腫瘤が突然出血することで、急に元気がなくなります。まれですが体表に腫瘤ができた場合には、その部分に内出血が起こることもあります。

治療法は?

脾臓や肝臓の一部分など、手術で取り除ける場合には手術が適応になります。播種・転移の可能性に対して、術後に抗がん治療を行うことも多いです。手術ができない場合には、わんちゃんがなるべく快適に過ごせるように元気・食欲を支える治療を行います。
急な元気の低下で受診して血管肉腫の仮診断を受けた場合、ご家族は心の準備ができていないことが大半です。しかし、術後早期に転移が見つかることもありますが長期生存する場合もありますので、慌てずに治療方針を相談しましょう。

予防は?

超音波検査による早期発見が大切です。6歳を超えたらまず一度は超音波検査を含めた健康診断を受けましょう。

脳神経科

特発性前庭障害

どんな病気?

水平バランスを保つ器官に障害が起こることで起こります。

どんな症状?

高齢のわんちゃんで急に嘔吐して、立てなくなる、目が回るなどの症状がでることが多いです。

治療法は?

1~2週間で自然に症状が治まるまでの間、体を支える治療を行います(お食事の介助、脱水の予防など)。また、内中耳炎や中枢神経障害との判別を行うことも大切です。症状はある程度残ることも完全に消失することもありますが、生活に大きな支障を生じないことが大半です。

予防は?

特定の予防方法はありませんが、日頃から十分な水分をとるなどのケアが望ましいです。また、急にけいれんや発作に似た症状を起こすためご家族が慌ててしまいがちですので、事前にどのような症状なのか知っておくこともとても大切です。

整形外科

四肢の骨折

どんな病気?

骨が折れてしまう状況です。大半は、交通事故、高いところから落ちた、狭いところに挟まってびっくりして暴れてしまった、などの出来事とともに起こりますが、全く普通に生活していても骨折することもあります。頻度は高くないですが、骨が柔らかいことで起こる骨折も特殊な状況で起こります。

どんな症状?

骨が折れてしまった足は地面に着かず、骨折部分に触れるとひどく痛がります。指先などのわずかな骨折の場合には症状?身体検査やレントゲン検査でわかりにくい場合もあります。交通事故の場合には、目立ちやすい跛行(歩き方の異常)だけに目を奪われがちですが、脊椎や胸腹部へのダメージについてもチェックすることが大切です。

治療法は?

全身麻酔下での骨折整復術が治療法となることが多いです。骨折のタイプやわんちゃんねこちゃんの年齢によって手術の難易度は様々です。必要に応じて、整形外科専門の二次診療施設をご紹介することもあります。また、術後は、手術部位に過剰な負担をかけない生活を心がけることも非常に大切です。一般に、成長期を過ぎてからの骨折は若齢の子と比べて治癒期間が長くなります。活動性の高い子では特にご自宅での管理に注意が必要です。

予防は?

高所からの落下などの事故に注意しましょう。ご自宅に危険な箇所がないか、また(特に小さなお子さんがいらっしゃるおうちでは)危ない接し方をしていないか、確認しましょう。残念ながら、事故を完全に予防することは難しいです。心配な症状があればすみやかに動物病院に相談しましょう。

椎間板ヘルニア

どんな病気?

遺伝や老化などが原因で脊椎の椎骨の間にある椎間板が飛び出し脊髄を圧迫することで起こる病気です。軟骨異栄養性犬種(ミニチュア・ダックスフンド、フレンチ・ブルドッグ、ビーグル、シー・ズーなど)に好発しますが、それ以外の犬種でも発症します。猫では稀です。

どんな症状?

頸部の椎間板ヘルニアでは首の痛みや前肢と後肢のふらつきや麻痺を生じます。腰部の椎間板ヘルニアでは背部痛、後肢の麻痺、排尿障害、尿失禁が認められます。重度の腰部椎間板ヘルニアの症例では致死的な進行性脊髄軟化症を併発する恐れがあります。

治療法は?

軽症の場合は、安静にし鎮痛剤のお薬での治療を行います。重症の場合や繰り返す場合は手術を行います。

予防は?

首や腰に負担のかからないよう下記に気をつけましょう。

  • 適切な体重を維持しましょう。
  • 首輪でなくハーネスを使用しましょう。
  • 滑ると腰に負担がかかることがあるので、フローリングにマットなどをひいてあげましょう。